合宿免許のお悩み解決

合宿での運転免許取得で、マイクロバスを運転したいという方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず、これから合宿免許という方々は、平成29年3月の法改正により準中型免許が新設されたということを注意する必要があります。

平成29年3月の法改正による準中型免許も踏まえ、マイクロバスはどのような扱いらになるのでしょうか。

合宿免許でマイクロバス

合宿での運転免許取得で、最近ではマイクロバスの免許取得という方々も増えてきています。

平成29年3月の法改正によって「準中型免許」が新設されることになりました。そして、
普通免許から中型8t限定免許となることによって、どの範囲までのクルマが運転することができるかわからないという人たちも多いようです。

「中型8t限定免許」、「中型免許」、「大型免許」、それぞれ運転免許証がありますが、それぞれに対して、どのようなマイクロバス、トラックを運転することができるか抑えることはとても大事です。

そもそもマイクロバスとは

そもそもマイクロバスとはどのようなクルマのタイプを言うのでしょうか。一般的にはマイクロバスとは、車両総重量8t未満であり、最大積載量が5t未満のクルマのことであり、 乗車定員が11~29人のものを言います。

マイクロバスは、現在、ゴルフ場とす、病院とか、ホテルなどいろいろなシーンにおいて積極的に活躍しています。マイクロバスが活躍するシーンを目撃して、「私もマイクロバスを運転したい!」という思いも強くなるのではないでしょうか。

マイクロバスの運転免許証を持っていれば、俄然就職活動に有利になるという思いもあるかもしれません。

マイクロバスはどのような免許取得?

マイクロバスは、最大積載量5t未満の乗車定員は、11~29人という取り決めがされています。

またマイクロバスには、ワンボックスカーを改造したマイクロバスと、2トントラックと同じくフレームを使って作られたマイクロバスのタイプがあります。ベースのフレームで乗車定員が違ってくるため、利用するシーンにおいて様々選択することができます。

いろいろメリットのあるマイクロバスですが、マイクロバスを運転するためには、 「中型免許」が必要です。つまり、普通免許、また準中型免許ではマイクロバスは運転することができません。

また、中型免許だとしても8t限定の免許だけは、運転することができないので注意が必要です。

乗車定員が11人以上のクルマは中型自動車としての扱いとなって、 マイクロバスを運転するには中型免許が必要です。また、平成19年の法改正によって、「普通免許」と「大型免許」の2種に「中型免許」がプラスα加わり、それぞれに対して制限項目があります。